風俗は男と女をつなぐ架け橋

男と女のコミュニケーションの場が少なくなった現代日本、唯一気軽にコミュニケーションが取れる風俗というサービスの体験談サイトです。

それは実際に体験して貰った方が良い

投稿日:2016年2月22日

体験嬢写真で見るからには所属するデリヘル嬢のルックスはハイレベルだった。その中から好みの女の子を選択、顔にはモザイクが掛かっていたので体型で選ぶしかない。なので胸はそんなに大きくないスリム型を選ぶことにした、名前はアケミちゃん。で、パネマジの可能性は否定できない程度のアケミちゃんとご対面。まぁ、写真が盛り過ぎていたんだと実感。しかしこれ以上のモノを求めてしまうと失敗すると思った。風俗を始めて2年というベテラン、慣れた感じで準備を始めるところがベテランさを出していた。一緒にシャワーを浴びていると、アケミちゃんからハンドサービスでイかなかった男はいないと自信満々のご提案が。ではそのご自慢のハンドサービスをして貰おうと思い、彼女にお願いした。最初は股間を撫でるように愛撫して膨張を誘う。そして半勃起したところで優しく握ってくる。なんだ普通のハンドサービスじゃん、と思ったがそれは間違いだった。恥ずかしながらシゴかれて2分でイッてしまった。そのテクニックは実際に体験して貰った方が良い。

その恥ずかしがる姿が見たい

バスルームで彼女に股を開いて、マ○コを見せてとお願いした。当然恥ずかしがる風俗を始めてまた2ヶ月のキミコちゃん。そこで土下座までしてお願いすると、渋々OKを貰う事ができた。恥ずかしがるキミコちゃんは浴槽の縁に座って大股開き。それをありがたくご拝見させて貰った。毛が薄っすらと生えており、指でビラビラを捲ってクリまでをしっかりと観察する。「もー、ジロジロ見ないでよぉー」と羞恥に塗れたキミコちゃんの言葉が股間を刺激していた。試しにペロっとひと舐め。「くぅんっ」と可愛らしい喘ぎ声を漏らす彼女に、ク○ニが捗る。今度は彼女の両手を握って、マ○コに顔を埋めて激しいク○ニをしてあげた。膣口から出てくるスケベなお汁を吸い取るように音を出しながら吸い尽くす。クリへの吸い付きも忘れずに満遍なくマ○コを舐めた。デリヘルを始めて2ヶ月な女の子にする事じゃないと今では思っている。でも後悔はまったくしていない。むしろまた彼女を指名して、またしつこいぐらいにク○ニをしてあげようと思っている。